ホントに困ります

ホントに困ります

消費税増税、いつかは来るだろうと思っていましたがなぜこのタイミングなんだろうと言うのが本音です。アベノミクス効果なんて言って景気上向きなんて言ってるけど、その恩恵受けてるのなんて大企業に勤めてるもともと高給をもらってる一部の人だけだと思うんですよね。弱小企業に勤めてる人や、パートで働いてる人にはまったく恩恵なんてなくっていまだに昇給もなくぎりぎりの生活です。というよりいまだにリストラだってあるわけで、そんな状況での消費税8%、ホント今から憂鬱です。食事もますます質素にならざるを得ませんね。というかお給料日前には水だけで生活なんてことがないようにしないと…。
3%分の使い道もなんだかよくわかりません。3%上げる前に国会議員の数減らすとか、国会議員の議員報酬減らすとかまずは自分の身を削ってほしいものです。そこをまず削って、それから国民にも負担をお願いするべきではないでしょうかね?また、一律の消費税率にも不満があります。海外では高級品やぜいたく品と言われるものに対しては税率が高く、食品は税率が抑えられているとか、日本でもそういった方法をとれないのでしょうか?そういった疑問はたくさんありますね。もちろん税率を変えるのは大変な作業かもしれませんが、じっくり議論して取り入れて行ってほしいものですね。
このまま一律にどんどん消費税率が上がっていけば、弱者はますます弱くなって生活力もなくなるでしょうね。高給をもらっている人には痛くないかもしれない3%でもとどめになりうるんですよね。実際、毎月ぎりぎりで生活してる私なんかはどこで切りつめるか悩みどころです。
こうなってくるとますます生活が大変になって、ますます少子化が加速しそうですね。だって、子どもがほしいと思っても生活にゆとりがなかったらあきらめざるを得ませんよね。しかも待機児童問題も解消されていない現在、働けなくなる確率も多いわけで子どもどころじゃないのが本音ですよね。
消費税8%、今からでも撤回してほしいです。